鴨川シーワールドは、「オイランヨウジ」の稚魚育成に成功。今年の4~6月に生まれた「オイランヨウジ」の子どもの展示を開始した。

鴨川シーワールドが「オイランヨウジ」の稚魚育成に成功
鴨川シーワールドが「オイランヨウジ」の稚魚育成に成功

「オイランヨウジ」とは、静岡県以南の岩礁域やサンゴ礁で見られる体長20センチほどのヨウジウオの仲間。体は細長く、暗色横帯(シマ模様)があり、赤い尾ビレの中央に白い斑点があるのが特徴。稚魚の育成は難しく、国内での長期育成例の報告は知られていない。

「オイランヨウジ」成魚
「オイランヨウジ」成魚

今回展示開始された「オイランヨウジ」の子どもたちは、体長4~7センチほどのミニサイズ。だが、すでにその特徴であるシマ模様と、赤く縁どりされた尾ビレが確認できる。展示水槽の中では、隠れ家となるサンゴ岩に寄り添うように泳ぐ姿を見ることができるという。

サンゴ岩に寄り添うように泳ぐ「オイランヨウジ」の子どもたち
サンゴ岩に寄り添うように泳ぐ「オイランヨウジ」の子どもたち

鴨川シーワールドでの「オイランヨウジ」稚魚育成の成功は初めてのことで、同施設では今後もひきつづき注意深く成長を見守っていきたいとしている。

オイラも見守っていくぜ!(by 注意深くないシャチ)
オイラも見守っていくぜ!(by 注意深くないシャチ)