バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」

「KUPPER MOUNT」は、世界一小さく、世界一安いを謳う車載用サイクルキャリア。米国ノースカロライナ州に本拠を置くKupper Mountsが開発しました。

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
世界一小さく、世界一安い車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」

バックパックに入れて持ち運べる極小サイズが特徴。約1.8キロと、サイクリストが背負って走ってもそれほど気にはならない重さに設定されています。いつも「KUPPER MOUNT」を背負って走っていれば、メカトラが発生したり、吹雪に巻き込まれたりで走れなくなってしまったときに、車載マウントの取り付けられていないクルマで自転車を家に持ち帰れるようになります。

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
雪で走れなくなったときにも便利です

利用するにはまず「KUPPER MOUNT」を装着する場所をよく拭いてホコリなどを除去し、「KUPPER MOUNT」を装着場所に押し付けます。続いてプランジャー(棒状ピストン)を押して内部の空気を抜きます。あとは、自転車を「KUPPER MOUNT」に取り付けるだけ。これで自転車をクルマに乗せて走行可能となります。

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
よく拭いてホコリを除去

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
続いて、「KUPPER MOUNT」を取り付け

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
プランジャー(棒状ピストン)を“シュコシュコ”して内部の空気を抜きます

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
あとは、自転車を装着するだけ

なお「KUPPER MOUNT」では、フロントホイールは取り外してから「KUPPER MOUNT」に取り付ける仕組みを採用しています。このため、フロントホイールを載せる場所のないクルマでは、「KUPPER MOUNT」の利用は難しいかもしれません。

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
2シーターなど、ホイール置き場がないものはちょっと…。

ところで、吸盤で取り付けた車載用サイクルキャリアは、走行中に自転車が落下するリスクが高いのではないでしょうか?この点について、Kupper Mountsの創業者であるAndrew Jarrard氏みずから、逆さに取り付けられた「KUPPER MOUNT」に乗り(ぶら下がり?)、その高い吸着力を証明してみせてくれています。

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
Andrew Jarrard氏自ら、「KUPPER MOUNT」の吸着力の高さを証明している画像

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
こうなると、ただのいたずらっ子、ですねぇ

Kupper Mountsは現在、「KUPPER MOUNT」の市販化に向けクラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、89ドルの出資+30ドルの送料で「KUPPER MOUNT」を1個入手できます。出荷は2018年12月に予定されています。

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
「KUPPER MOUNT」は様々な取り付け方ができます

バックパックに入る車載用サイクルキャリア「KUPPER MOUNT」
こんな取り付け方も!