ウェザーニューズは、「ふたご座流星群」が観測ピークを迎える12月14日の全国の天気傾向を発表した。日本海側は雲が広がりやすいものの、太平洋側では晴れて、好条件での流星観測が期待できるとしている。

■当日の天気は?

14日夜~15日明け方は冬型の気圧配置となる予想で、太平洋側を中心に晴れるところが多くなる。特に、関東以西の太平洋側は流星観測に期待ができそう。東北太平洋側は、日本海側から流れ込む雲が時々邪魔をするものの、一晩中ずっと雲が広がり続ける心配はなさそう。

12月14日は三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」…ウェザーニューズが全国の天気傾向を発表

一方、日本海側は寒気の影響で雲が広がりやすく、観測には難しい条件となる予想。

この予報は12月7日時点のもの。最新の情報についてはスマートフォンアプリ「ウェザーニュースタッチ」内の「星空 Ch.」、およびウェザーニュースの特設サイト「ふたご座流星群」で確認されたい。

■ふたご座流星群とは?

ふたご座流星群は、「しぶんぎ座流星群」「ペルセウス座流星群」と並ぶ三大流星群の1つ。流星群の中では流れる数が多く、ピーク時には1時間に40個以上の流星が見られることもある。また早い時刻から出現し始め、ほぼ一晩中出現が続くので、多くの人にとって観察しやすい流星群でもある。

放射点があるのは、東の空に見えるふたご座カストル付近。流星は放射点を中心に四方八方に流れるため、夜空のどこにでも現れる。

12月14日は三大流星群のひとつ「ふたご座流星群」…ウェザーニューズが全国の天気傾向を発表

今年の出現ピークは14日21時頃の予想。特に、放射点が空高く上がってくる22時以降の観測がおススメ。また、月が沈んだ22時40分頃(東京の場合)からは、月明かりの影響を受けずに観測できる。

■「ふたご座流星群」を生中継

ウェザーニューズは「ふたご座流星群」の様子を、12月14日に国内4か所から生中継する。番組は二部構成で、第一部(21時~23時)ではゲスト解説者に国立天文台職員を迎え、“リアルタイムプラネタリウム”を届ける。第二部(23時~24時)では、VTuberとしても活躍するバーチャルお天気キャスター「ウェザーロイドAiri」と流星を楽しむ。

番組はウェザーニュースのWebサイトの他、ニコニコ生放送、YouTube Live、LINE LIVE、Periscope、FRESH!など各種動画サイトで視聴可能。