財務省が発行する新幹線開業50周年記念の100円硬貨。4月に引き換えが始まった際のファンの熱狂は記憶に新しい。今回さらに山形、秋田、九州、北海道の4路線のデザインが決まった。

北海道新幹線「H5系」などだ
北海道新幹線「H5系」などだ

新幹線開業記念硬貨はすでに5路線のデザインが決定し、4月に引き換えが始まった。東海道新幹線「N700A」、山陽新幹線「500系」、東北新幹線「E5系」、上越新幹線「E4系」、北陸新幹線は「E7系・W7系」だ。

4月に引き換えが始まった5種類
4月に引き換えが始まった5種類

新たに発表になった4路線のデザインを見ると、それぞれ山形新幹線「E3系」、秋田新幹線「E6系」、九州新幹線「新800系」、北海道新幹線「H5系」となっている。

山形新幹線「E3系」
山形新幹線「E3系」

秋田新幹線「E6系」
秋田新幹線「E6系」

九州新幹線「新800系」
九州新幹線「新800系」

今回発表の北海道新幹線「H5系」
今回発表の北海道新幹線「H5系」

いずれも裏面は共通の「0系新幹線」。素材は銅が87.5%、ニッケル12.5%。微細線集合、斜めギザなどが特徴だ。

裏面は共通の「0系新幹線」
裏面は共通の「0系新幹線」

財務省は今後、発行枚数や引換予定時期を明らかにするとしている。