トヨタ自動車が世界中で販売したハイブリッド車の数が、この7月末ついに800万台を超えた。2014年9月に700万台に到達してから10か月でさらに100万台上積みした。

トヨタは1997年8月に日本で「コースターハイブリッドEV」を、同年12月に世界初の量産ハイブリッド乗用車「プリウス」を発売した。

なつかしい初代プリウス
なつかしい初代プリウス

以降、ハイブリッド車の種類は拡大し、直近1年間でも新型「エスクァイア」、新型「シエンタ」をはじめ3車種で新たにハイブリッドモデルを投入するなど、2015年7月末時点では合計30モデル、プラグインハイブリッド車1モデルを、約90以上の国・地域に展開している。

プリウスPHV
プリウスPHV

今秋には「RAV4ハイブリッド」を米国で、2015年中には「カローラハイブリッド」「レビンハイブリッド」を中国で発売予定。引き続きラインナップは増える見通しだ。