トヨタは、フルモデルチェンジを予定しているプリウスPHVをニューヨーク国際オートショーで発表した。日本では2016年秋から導入を予定している。

外観では4代目プリウスをベースに、フロント、リヤにオリジナルのデザインを採用。トヨタ初となるCFRP製バックドアによって、軽量化とガラスエリア拡大による良好な後方視認性を実現し、新形状ガラス「ダブルバブルバックドアウインドウ」を採用することで空力性能に貢献している。

プラグインハイブリッドシステムでは、電池容量を拡大することで、EV走行距離を60km以上に延長。従来の走行用モーターに加え、これまで発電機としてのみ使用していたモーターを走行用としても利用するデュアルモータードライブシステムを採用した。


装備では、世界初のガスインジェクション機能付ヒートポンプオートエアコン、11.6インチ大型ディスプレイを備えたナビゲーションシステムを採用。

プラグインハイブリッド独自の充電システムは、従来の家庭用電源からの充電に加え、充電ステーションでの急速充電にも対応(日本仕様のみ)。また、ソーラーパネルで発電した電気を駆動用バッテリーに充電する世界初のソーラー充電システムを備え、利便性を高めている(日本、欧州仕様のみ)。

プリウスPHVは、現在までに日本、米国、欧州を中心に、計約7万5千台を販売している。