スズキの新型「ジムニー」

スズキはオフロード4輪駆動の軽自動車「ジムニー」とその普通自動車仕様「ジムニーシエラ」について、新モデルを7月に発売予定だ。先行情報サイトを公開している。

新型ジムニーは従来モデルの特徴を引き継ぎ、ラダーフレーム、エンジン縦置きFRレイアウト、副変速機付きパートタイム4WD、3リンクジッドアクスル式サスペンションなどを採用する。

エンジンは軽自動車が660cc、普通車仕様のジムニーシエラが1500ccとなっている。トランスミッションはともに4速ATまたは5速MTを選べる。

安全技術にも重点を置いており、単眼カメラとレーザーレーダーでクルマや歩行者を捉え、自動ブレーキにより衝突を回避または衝突時の被害軽減を図る「デュアルセンサーブレーキサポート」を一部グレードなどに設定。自車速度約5km/h~約100km/hで走行中、システムが衝突の可能性があると判断した場合に作動する。

先行情報サイトでは車体価格などは明らかになっていないが、発売と同時にカタログの配布を受けられる事前予約が始まっている。