三菱「アウトランダー」が一部改良を受け、8月23日に販売開始された。エクステリア&インテリアデザインが変更されたほか、走行時の質感が向上している。

三菱、「アウトランダー」を一部改良

エクステリアでは、ラジエターグリル、フロントスキッドプレート、リヤスキッドプレート、アルミホイールのデザインを変更。質感を向上させた。また、空力性能を向上させるリヤスポイラーを追加(G Plus Packageのみ)を追加している。

インテリアでは、オーナメントパネルやハザードスイッチパネルのデザインを変更した。ロアコンソールやインパネ、ドアトリム部のオーナメントパネルに高級感のあるデザイン柄を採用(本革シート選択時)し、シート、ドアトリム、コンソールアームレスト、メーターフード、ステアリングホイール、シフトノブにシルバーステッチを施すことで、上級感を高めたインテリアとした。

フロントシートは、サイド形状を変更し、サポート部に硬さの異なるクッションを組み合わせることでホールド性を向上させた。本革シート(メーカーOP)では、上質なスムースレザーを採用して質感を高めている。

走行質感では、前席と後席ドア、ラゲッジルームの開口部や、リヤホイールハウスのボディパネル接合部に構造用接着剤を塗布。パネル同士の接合面積を増やすことで、車体剛性を強化した。また、フロント、リヤのショックアブソーバーをサイズアップし、減衰力特性を改良することで、上質な乗り心地と高い操縦安定性を両立させている。

メーカー希望小売価格は、24G Plus Packageグレードで335万6,100円(消費税込み)。