東京は今年2度目の大雪が降っています。雪が降ると街がきれいに見えるので嫌いではないのですが、公共交通機関が乱れるのが困りもの。ましてや、今日はバレンタイン。電車が止まって、好きな人にチョコを届けられないと泣いている女性も少なくないでしょう。

日本男児たるもの、女性を泣かせてはいけません。ここはひとつ、チョコを受け取りに自ら女性のもとに出向きましょう。そんなときにおススメなのが、Timbersled(ティンバースレッド)が製造する「Mountain Horse Snow Bike Kit(マウンテンホース スノーバイクキット)」です。これはオフロードバイクを、雪道を走れるスノーバイクに変換してくれるキットです。

ティンバースレッドによる「マウンテンホース スノーバイクキット」
ティンバースレッドによる「マウンテンホース スノーバイクキット」

「マウンテンホース スノーバイクキット」は、市販されているほとんどのオフロードバイクに装着可能なキット。バイクの前輪をソリのようなフロントスキーセット、後輪をスイングアームごとキャタピラ付きのリアキットに換装します。

後輪をこのキャタピラ付きリアキットで換装します
後輪をこのキャタピラ付きリアキットで換装します

キットには変換作業に必要なものすべてが含まれており、誰でも自分のバイクをスノーバイクにトランスフォームできます。このキットで改造されたスノーバイクは、一般的なスノーモービルよりも車重がはるかに軽く、このため操縦性がとても高いのだとか。これに乗れば、東京の雪なんて目じゃないでしょう。さぁ、彼女のもとへ、チョコをもらいに走りましょう!

さぁ、これに乗って彼女のもとへ!
さぁ、これに乗って彼女のもとへ!

チョコを!
チョコを!

チョコを!!
チョコを!!
チョコを!!!
チョコを!!!
チョコをもらうんだぁぁぁぁ!!!!
チョコをもらうんだぁぁぁぁ!!!!

キットの取り付けには、バイク本体の改造は不要。雪のシーズンが終わったら、通常のオフロードバイクに戻すことが可能です。対応車種は Timbersled の Web サイトで確認できます。価格は5,200ドル(約52万9,000円)から。日本では SpeedSports.jp さんが扱っているみたいです。

お値段としては、まずまずでしょうか?
お値段としては、まずまずでしょうか?

さて、チョコを受け取りに彼女の元に走る前に、注意事項を2点お伝えしなければなりません。まず、その女性が本当にあなたのことを好きなのか、よく確認してからにしてください。なんとも思っていない男性が突然雪まみれで玄関に現れたら、多分女性はどん引きします。

もう一点。このスノーバイクで本当に東京の街を疾走したら、とっても怒られます(いや、怒られるでは済まないと思います)。ほんとに彼女のもとに急ぐ場合には、タクシーなどを利用しましょう。スノーバイクは、許可されたスノーパークなどで走行可能です。

筆者はスノーモービルで走行した経験があるのですが、スノーバイクでの走行はスノーモービルよりも数段楽しいそうです。チョコのことはさておいて、マウンテンホースに乗ってみたい!と思ってしまった方には、「Mountain Horse 体験ツアー」なんてのもあるみたいですよ。

乗ってみたい!
乗ってみたい!