自分にぴったり合うサイズの自転車を見つけるのは難しい。身体に合っていない自転車に乗っていると、膝などを痛める原因となってしまう。

「Hickman Bikes」はこの問題を解決するために制作された自転車。英国のフレームビルダーMike Hickman氏が製作した。

望遠鏡みたいなシートポスト&シートチューブが特徴の自転車「Hickman Bikes」
望遠鏡みたいなシートポスト&シートチューブが特徴の自転車「Hickman Bikes」

「Hickman Bikes」は、“自分の身体にあったサイズに、簡単に調整できる”自転車。これにより、最適なライディングポジションを、パーツ交換なしで探れるようになった。その日の利用シーンにあわせたアジャストも可能だ。

コンセプトは、“自分にあったサイズに、調整できる自転車”
コンセプトは、“自分にあったサイズに、調整できる自転車”

そのための工夫が施されている
そのための工夫が施されている

最大の特徴は、通常は垂直に近い角度で立っているシートポスト&シートチューブがほぼ水平に取り付けられていること。これにより、シートは大きく前後に移動可能になった。従来型とほぼ同じ役割を果たすシートポスト&シートチューブ(?)も取り付けられており、こちらは高さ調整を担当している。これらにより、自分に最もあった位置にサドルを設定可能としている。

シートポスト&シートチューブがほぼ水平に!  胴体が長い筆者にも対応!!
シートポスト&シートチューブがほぼ水平に!
胴体が長い筆者にも対応!!

また、ハンドルの取り付け位置も調整可能だ。前後に移動できるだけでなく、角度も調整できる。

この画像で見る限り、かなり大きく移動できそう
この画像で見る限り、かなり大きく移動できそう

Mike Hickman氏に依頼することで、「Hickman Bikes」のフレームを入手できる。価格は2,000英ポンドから。日本への配送については、本気で購入する意志のある人からの問い合わせがあれば、調査するとのことだ。