ピジョンは、赤ちゃんの快適さにこだわった両対面式ベビーカー「Mahalo laule’a(マハロ ラウレア)」を、2014年2月10日にリニューアル発売する。対象月齢は1か月~36か月。価格は4万2,000円。

両対面式ベビーカー「Mahalo laule’a(マハロ ラウレア)」
両対面式ベビーカー「Mahalo laule’a(マハロ ラウレア)」

このベビーカーは 50cm のハイポジションシートで、赤ちゃんを地面のホコリや熱から遠ざけることができる。また、高剛性フレームと大型タイヤにより、凸凹道でも車体のグラつきをおさえることができる。さらに低月齢から使えるインファントシート「ハグットシート」を装備しており、適度なやわらかさのクッションで「体圧分散」「振動吸収」「姿勢保持」を助けるという。

今回のリニューアルでは「ハグットシート」の通気孔の数を増やすとともに、穴サイズを大きくし背面の通気性をアップさせたほか、荷物を入れる大容量のカゴの後方部を大きくし、荷物の出し入れがしやすいよう使い勝手の良さを向上させた。また、デザイン性も重視する人のために、ギンガムチェックとネイビーフラワーの2つの新しいデザインへと変更した。

「Mahalo」はハワイ語で「ありがとう」「感謝」、「Laule’a」はハワイ語で「平和」「幸福」「友情」という意味。