自転車用携帯空気入れ「Stompump」-足踏み式で3倍早い

「Stompump」は自転車用の携帯空気入れ。米国カリフォルニア州に本拠を置くStompumpチームが開発した。

自転車用携帯空気入れ「Stompump」-足踏み式で3倍早い
自転車用の携帯空気入れ「Stompump」

自転車のダウンチューブなどに取り付けて持ち運ぶタイプの携帯空気入れ。同様な携帯空気入れの多くが手でポンプを押すタイプなのに対し、「Stompump」は足踏み式なのが特徴。このため、空気を入れるまでの時間は、ハンドプッシュタイプの3倍早いと、Stompumpチームは主張している。

自転車用携帯空気入れ「Stompump」-足踏み式で3倍早い
足踏み式で、ハンドプッシュの3倍早い

仏式バルブと米式バルブに対応。自転車に限らず、様々な種類のタイヤやチューブに空気を入れられる。

自転車用携帯空気入れ「Stompump」-足踏み式で3倍早い
英式バルブ非対応なのが残念

Stompumpチームは現在、クラウドファンディングサイトKickstarterで出資者募集のキャンペーンを実施中。本稿執筆時点では、79ドルの出資と26ドルの送料で「Stompump」を1個入手可能だ。出荷は2018年8月に予定されている。

自転車用携帯空気入れ「Stompump」-足踏み式で3倍早い
変換アダプターを使うかな?