国際宇宙ステーション(ISS)に滞在するロボット宇宙飛行士「KIROBO(キロボ)」が12月6日、JAXA 宇宙飛行士である若田光一さんと、世界初となる、宇宙で対話実験に成功した。

若田光一さんと宇宙ステーション内で会話するキロボ
若田光一さんと宇宙ステーション内で会話するキロボ

電通、東京大学先端科学技術研究センター、ロボ・ガレージ、トヨタ自動車は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)協力のもと、ISS に滞在するロボット宇宙飛行士キロボの共同研究「KIBO ROBOT PROJECT」を進めてきた。

無重力の ISS 内を漂う2人(?)
無重力の ISS 内を漂う2人(?)

同プロジェクトでは2013年12月6日、ISS 内で音声認識を利用したロボットの自律会話に成功。その様子の一部を YouTube で公開した。

以下は、今回公開された会話の一部。若干噛み合っていないように見えるかもしれないが、「人工無能」世代の筆者は、そのレベルの高さに感動している。

若田光一さん:キロボくんはどうやって宇宙にきたの?
キロボ:種子島からコウノトリにのってきたよ。
若田光一さん:コウノトリにのって宇宙まできたんだね。
キロボ:鳥じゃなくて、ロケットのコウノトリだよ。
若田光一さん:ひとりで来たなんてすごいね。
キロボ:だって、ぼくロボットだもん!


宇宙での会話 1

宇宙での会話 2

宇宙での会話 3

今回の実験結果については、人とロボットが暮らす未来へ向けてプロジェクト参加各社が役立てていくと共に、宇宙でのコミュニケーションロボット活用の可能性も検討していくとしている。