「Sbyke」は、前輪に BMX 用タイヤを取り付け、足を乗せる部分をスケートボード風にしたキックスクーター。BMX やスケートボード同様の楽しみ方ができるほか、通勤などでの利用も可能になっている。

「Sbyke」は前輪に BMX 用タイヤを取り付けたキックスクーター
「Sbyke」は前輪に BMX 用タイヤを取り付けたキックスクーター

BMX やスケートボード同様の楽しみ方ができる
BMX やスケートボード同様の楽しみ方ができる

一般的なキックスクーターは前後輪のタイヤサイズが非常に小さく、安定感に欠けている。また自立せず、ハンドルから手を離すと倒れてしまう構造になっている。

「Sbyke」はこれらの問題点を解消したキックスクーター。タイヤサイズを大型化して安定した走行を可能にしている。手を離しても自立する設計とされたほか、前輪にはブレーキが搭載され、通勤などでの利用に耐える仕様となった。

手を離しても自立する
手を離しても自立する

通勤などでの利用が可能に
通勤などでの利用が可能に

「Sbyke」はエクササイズ目的での利用にも適している。自転車と同じ距離を走行した場合、「Sbyke」の方が約23%多くカロリーを消費できるそうだ。

エクササイズにも有効
エクササイズにも有効

価格は20インチタイヤを装着したアルミボディの「P20」が249ドルで、スティールボディの「A20」が179ドル。16インチの小径タイヤを搭載した「P16」が149ドルとなっている。