マツダは、東京モーターショーでスポーツカーのコンセプトモデル「マツダスポーツコンセプト」を世界初公開する。

新しさの中にスポーツカーの正統を感じさせる、マツダのスポーツカーの歴史を凝縮させたようなスタイリングを備えたモデルという。

マツダはほかにも日本初公開となるクロスオーバーコンセプト「マツダ越KOERU」、オープンスポーツカー「マツダロードスター」のレース仕様車、1967年に発売した「コスモスポーツ」など、計14台を出品する。