フジドリームエアラインズ(FDA)は、来年3月に受領予定の「8号機」の機体色を「ティーグリーン」に決定した。

8号機 イメージ
8号機 イメージ

同社が使用する機体は、広いキャビンと良好な客席視界を特徴とする、エンブラエル社製の最新鋭ジェット機 ERJ 170/175で、1機ごとに機体色が異なる“マルチカラー・コンセプト”が特徴。これまで1号機レッド、2号機ライトブルー、3号機ピンク、4号機グリーン、5号機オレンジ、6号機パープル、7号機イエローと展開してきた。
 
8号機の機体色選定にあたり、昨年10月4日~11月5日の期間、機体色投票キャンペーンを実施。計5,689票の結果、1,834票を集めた「ティーグリーン」が8号機の機体色に決まった。

FDA 創業の地でもある“静岡”の緑茶をイメージさせる鮮やかな『ティーグリーン』をまとい、レジストレーション番号「JA08FJ」が与えられる8号機は、今年3月より FDA のフリートに加わる予定だ。